20201209 ラベル印刷で四苦八苦

ちょうど1年前は野暮用でロンドンにいた。
ロンドンにどうしても行かねばならなかった。
野暮用でロンドンってのも(飲み屋ではないぞ)

Charanavi英語版を紹介

この写真はロンドン・ブリッジからタワー・ブリッジを背景にキャラナビ(動物占い)英語版の本を紹介をするために自撮りをしている。もちろん、蝶ネクタイを結んでいます。
朝は寒くてちょっぴり雨が降っていたんだったな。

朝一番に某所へ行って、用事を済ませてきた。
どうしても合わねばならない人と組織があった。
その用事が終わったからフリーでロンドンを満喫。

今年はどうか?
湘南の今日の天気は最高で10℃らしい。
寒いわ・・・って言いながら、窓を前回して空気の入れ替えをしている。
昨日はスキャンした名刺をエクセルに出力し、宛名ラベルを作ろうと思ったら意外と簡単には出来なかったので四苦八苦した。
∑(゚Д゚)エ!? マックだとこんなにハードルが高いの!?

最初は、ScanSnapで読み取った。
それを手直ししてCSVに出力。
CSVに出力するとExcelだと読み取ったときに文字化けをするのを知っている。
SJIS→UTF-8に変換する必要があるか、その逆だ。
だから、一度Apple標準のNumbersで読み込んで、EXCELフォーマットに落とし込む。
次に、Excelで1行目を削除する。
そこにはファイル名があるから、それが邪魔になる。

次、Excel 2010まではラベル印刷用のWizardがあったが、今はないから、Wordに差し込み印刷するしかない。
これがまたクセモノで、素直にいかない。
更にラベルのテンプレートを探さねばならない。
はい、必要な情報を紐付けして印刷!ってわけにはいかない。

次にテンプレートの補正をする。
更にすべてのコマに郵便番号、住所、会社名、役職、氏名をコピペする。
そして印刷!って思ってもページずつ(コマをズラす)印刷する必要がある。

なに?1ページしか印刷されないのか!
ってことで12コマ入ったら、13コマ目に移動させて表示させて印刷。
(∩゚д゚)アーアーアー 普通の住所管理のラベル印刷機能のアプリがどれだけ便利か思い知らされた。

この時期、年賀状を印刷する人も少なくない。
やはりこういうのは年賀状だけではなく、データ管理として必要だなってのが身に沁みた一日だった。